原産国台湾から高品質で格安な部品を提供致します。
御購入方法はここをご覧ください。 支払い方法、銀行振り込み(ジャパンネット銀行)
 パーツTOPへ
 ピードドライブ Speed Drive
スピードドライブを組み込み、
あなたの愛車の走行性能を格段に向上させましょう。
概要 効果 取り付け可能な自転車  取り付け方法 メンテナンス
工具 商品一覧 ご注文時の確認事項

取り付け可能な自転車
ほとんどの自転車に取り付け可能ですが、下記内容をご確認ください。
SpeedDriveはBBシェル部に取り付けます。
BBシェルの幅が67.5mm-73mmに適応します。
一般のBSA68mmのBBシェルは問題なく取り付きます。
BBシェルの厚さは2mm以上必要です。
Bd-1/ブロンプトン(Brompton)/キャリーミー(CarryMe)/ストライダー(STRIDA)用に部品をまとめたキットを準備しました。

自転車折りたたみ時を含め、
BBシェルより飛び出している部品がチェーンリング付近にあると、SpeedDrive本体に干渉するため、右側に3mmスペーサーを付けます。
キャリーミーが対象

ブロンプトンは専用スペーサーが有ります。

右図左の絵は、折りたたみ時にパーツの一部が赤の部分に来て、スピードドライブと当たってしまう図面。
右の絵は、スペーサーを入れることで部品の当たりを回避している図面です。
何ミリ回避が必要かがポイントです。
(=何ミリのスペーサーが必要か?)


チェーンリング19/22/27T(SpeedDrive一体型)はチェーンライン固定。
BCD110:
34T/36T/38T/40T/44T/50T/54T(スパイダーへ取り付け型)はスパイダーにスペーサーを付けてチェーンラインを調整します。

一般のチェーリングをスパイダーの内側に取り付けるときはチェーンリング内径が96mm以下の場合、加工しないと取り付きません。

チェーンラインの確認
フロントのチェーンラインを測定します。「ご注文時の確認事項」のページ参照。
(方法はネットにも色々載っています)
スピードドライブ取り付け時に、ほぼ同じチェーンラインが再現できるか確認します。
(チェーンラインを御連絡いただければ当方でも確認いたします)
19/22/27Tスピードドライブ一体型チェーンリングのチェーンラインは下記のようになります。3mmスペーサーを入れると+3mmになっています。
<SD165>
22T:50mm or 53mm
27T:45.7mm or 48.7mm
<SD250>
19T:50mm or 53mm
22T:50mm or 53mm
27T:44.4mm or 47.4mm
となります。
34T/36T/38T/40T/44T/50T/54T(スパイダーへ取り付け)チェーンリングのチェーンラインは
下表を参照願います。
3mmスペーサーを入れた場合、表中の値は+3mmになります。
SD165チェーンライン
SD250チェーンライン



クランクの位置

スピードドライブ付属の専用クランクの位置は下表の位置になります。

  アクスル長
(クランクシャフトの長さ)
ALL ALR CTL CTR
SD165   138 67.8 70.2 2.2 2.2
 140 67.8 72.2 2.2 2.2
SD250  138 68.3 69.7 2.2 2.2
 140 68.3 71.7 2.2 2.2

アクスル長138mmと140mmのシャフトでチェーンラインは変わりません。
クランクがフレーム等の他の部品に当たらないことを確認してください。
3mmスペーサーを使用している場合は右方向に3mmずれます。
(ALL:-3mm、ALR:+3mm)


ページトップへ  パーツTOPへ